feed

屋根や屋上からの雨漏りが家をダメにする!?家を守るリフォームとは!?

トップページ » 屋根や屋上からの雨漏りが家をダメにする!?家を守るリフォームとは!?

2020年4月24日

私の家ではTVが室内アンテナの為、

KRYのみしか映りません。たまにYABが映るくらい・・・。

日々、アンテナを少しずつ移動させてベストポジションを
さがしてる小山です。

 

   

それでは本日の現場リポートですが、

周南市から屋上防水工事の様子になります。

屋上の防水が経年劣化の為、軒天の塗膜が水分を吸収して膨張し、破れを生じていました。
破れた箇所を撤去してモルタルで補修後、再塗装し、屋上はアスファルト防水します。

 

施工前の屋上です。

アスファルト防止ですが今まで一度も手入れしていないとの事でした。

継手が浮いたり、経年劣化でひびが入ったり
しています。

 

軒天のモルタルには大きな破れが見られます。

 

立ち上がり部分も欠けています。

 

屋上のアルミアングルを撤去します。

 

軒天、立ち上がりのモルタルを剥がしていきます。

 

モルタルで補修します。

屋上を一度、高圧洗浄で汚れをとり、
既存のアスファルト防水の上にプライマーを塗布します。

 

トーチバーナーでシート裏面および下地を均一にあぶり
溶融させながら押し広げて圧着させます。

シートオーバーラップ部は幅100mm以上を重ね、
シート砂面の場合は、重ね部の砂面をあぶり、
砂をかき取って改質アスファルトを表面に出してから圧着させます。

 

シートの端末は押えアングルなどで固定し、
不定形シーリング材で完全にシールします。
押さえアングル端部および止め金具の頭部も同様にシールします。

 

最後の仕上げは遮熱塗料を塗布して完了になります。

遮熱塗料二度塗り

 

軒天 リシン吹き付け

 

屋上防水工事+モルタル補修工事完了

 

これで工事は完了したのですが、職人さんいわく
「せっかく足場があるので在庫の塗料で良ければ
外壁も塗りましょう。屋上を高圧洗浄した時に
外壁も同時に洗浄しているので問題ありません」

 

外壁二面のみですが、綺麗に塗り替えいたしました。

塗装前

 

塗装後

家が明るくなりましたね。

今回は在庫の塗料で外壁の面積も少なったので
費用は頂きませんでした。

何度も工事を依頼して頂いているので感謝の気持ちを塗料に
込めて施工いたしました。

 

本日も共創のブログを見て頂き、ありがとうございます。

 

 

※リフォームに不安をお持ちの方も
 いらっしゃるとおもいます。

「こんなことでも聞いていいの?」と
 思案されている方も、

 まずは一度、水廻り・リフォーム専門店の
 共創リフォームまで気軽にご相談くださいね。

 電話番号はコチラです

 0120-492-576

 メールからはコチラです

https://www.kyouso.jp/contact/

 

Tags:


Comments (0)

所在地 山口県周南市大字徳山西一ノ井手5560−2
TEL 0834-32-3335
お問い合わせ受付時間:9時~18時
Copyright(C)2020 KYOUSO CORPORATION All Rights Reserved.