feed

浴室の冷たいタイルの床、ユニットバスにしないでどうにかならない!?

トップページ » 浴室の冷たいタイルの床、ユニットバスにしないでどうにかならない!?

2020年12月21日

冬至を境に

 

今まで以上に運も上昇する

 

メインパーソナリティーの

 

小山です。

 

   

 

 

それでは本日の現場リポートですが、

周南市から浴室のリフォーム工事をお伝えします。

 

施工前

 

リフォーム内容としては

・壁にアイカセラール浴室用を貼ります。

・床は東リのバスナフローレを貼ります。

 

壁の工事です。

 

壁を部分に専用の両面テープと接着剤で
貼っていきます。

 

水道の蛇口も全て外しておきます。

 

壁は完了です

 

続いて床の工事になります。

既存のタイルの上に専用の下地剤を塗ります。

 

 

全体に塗ります。

 

床にバスナフローレ―を貼って完了です。

 

バスナフローレを貼る理由としては、

ヒートショックの軽減、防滑性、水はけ性、
クッション性に優れおり、医療、福祉施設でも
使用されている推奨品です。

今の時期には床タイルの冷たさがヒシヒシと
伝わってきますが、バスナフローレを貼る事で
冷たさも軽減されます。

今現在、浴室の床がタイルの場合、「バスナフローレ」を
検討してみても良いと思います。

私、小山もお勧めします。

 

本日も現場リポートを見て下さり、ありがとうございます。

 

 

※リフォームに不安をお持ちの方も
 いらっしゃるとおもいます。

「こんなことでも聞いていいの?」と
 思案されている方も、

 まずは一度、水廻り・外壁塗装・リフォーム専門店の
 共創リフォームまで気軽にご相談くださいね。

 電話番号はコチラです

 0120-492-576

 メールからはコチラです

https://www.kyouso.jp/contact/

 

Tags:


Comments (0)

所在地 山口県周南市大字徳山西一ノ井手5560−2
TEL 0834-32-3335
お問い合わせ受付時間:9時~18時
Copyright(C)2021 KYOUSO CORPORATION All Rights Reserved.